日常を快適に送るための生活サポート情報サイト

許認可で異なる業者が買い取り可能な不用品

許認可による回収可能な不用品の相違

不用品回収をはじめとした回収業では業務内容に応じた免状が必要となり、家庭ゴミをはじめとした生活から生じる一般廃棄物の回収・運搬を行うためには一般廃棄物収集運搬許可、産業廃棄物のように経済活動の過程で生じる特定ゴミを取り扱うための産業廃棄物収集運搬許可をそれぞれ要する他、回収品を中古品として販売するのに必要となる古物商許可、中古品の中でも廃金属全般を扱う金属屑商許可は金属スクラップを商うには不可欠であるなど、回収業に属していても、必要とされる許認可には相違があり、同じように回収可能な不用品にも違いがあります。

利用者にとっても業者が全ての許認可を得ていることが望ましいことは明白ですが、許認可も取得難易度や条件に違いがあるため、全ての回収業者にそれを求めることは酷でしょう。

業者によって取扱い可能な不用品は異なる

普通、不用品回収業と聞いてイメージするのは、大型家電やベッド・タンスのような大型家具の中でも廃棄に難がある不用品の回収でしょうが、業者の取得している許認可によって取り扱い可能な不用品には違いがあり、仮に不用品回収に最低限必要な古物商許可しか得ていない業者であったら、不用品のうち有価物に分類される物品的な価値を保持したものに扱いが限られるため、一般廃棄物とされるちり紙のような家庭ゴミや事業系一般廃棄物、産業廃棄物に類される特定の産業系ゴミ、金属屑商許可を求められるような鉄屑類は、いずれも取扱い対象外です。

一般廃棄物収集運搬許可を得ていれば、家庭ゴミを含めた不用品の一括取扱いができますが許認可を得るのが難しく、産業廃棄物収集運搬許可を得ていないと、いわゆるオフィスゴミは回収できず、金属屑商許可なしには鉄屑が扱えないので、回収業利用に当たっては用途に合わせた認可を持つ業者を選ばねばなりません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る