不用品回収業者では何を買い取ってくれる?

日常を快適に送るための生活サポート情報サイト

不用品回収を利用するメリット・デメリット

基本的に処分に当たって金銭を要するのが不用品回収ではありますが、中には買い取り可能な不用品も含まれるなど、処分方法は一考を講じる余地があるため、回収業者による不用品買い取りの可否と回収に代表される不用品処分のオーソドックスな手段を併せて把握しておくべきです。

不用品のオーソドックスな処分方法

どのような形態の業者であれ、利用に際してはメリットとデメリットが生じ、それは一見するとデメリットが薄いように見える業種でも変わりありません。

不用品回収はメリットとデメリットの比重を考えた時、メリットに比重が触れる業種であり、メリットとして、即効性・回収可能品目の多さ・買い取りによるロス抑制・一括処分が可能・訪問回収の五点が、主要なメリットとなり、時間にもよりますが営業開始時間に連絡すれば最短即日で業者が回収を行い、公共機関では処分ができない大型家具のような不用品の処分も依頼可能で、高級家電や新型で美品の家電が買い取り可能となる上に、プランに応じた量の不用品を一斉処分でき、それらサービスを電話一本で依頼できることから、利用上のメリットが非常に多いことが分かります。

メリットに対してデメリットはやや少なく、不用品の回収に金銭を要する点と不正な業者の存在の二点がデメリットとして挙げられる要素で、不用品回収は公共の粗大ゴミ処分と比較するとやや高額になりやすい傾向にありますが、その分対応可能な処分品のジャンルと大きさ、最大量では勝り、不用品によっては買い取りも可能であることから、デメリットとしてはやや弱く、不正な業者の多さが最大のデメリットとなりますが、業者の経営母体や業者ごとの料金体系の比較に加えて、見積もりの可否といった基本的な部分を突き詰めていくと回避が可能な範疇に留まるため、デメリットは少ない傾向にあると言えるでしょう。

正しい利用法さえ理解していれば、不用品回収のデメリットを抑制し、メリットを享受することは難しくないのです。

許認可で異なる業者が買い取り可能な不用品

回収業は多くの事業種と同じように許認可を必要としており、業者が得ている許認可の種類と数が、業者に取り扱いが許可される不用品のバリエーションに直結し、サービス内容を左右するなどその影響は絶大であるため、許認可による回収可能品や許認可により業者に認められる取扱品を提示しました。

不用品回収業とリサイクル業の違い

利用経験の少ない人や回収業全般への関心が薄い人はご存じないかも知れませんが、不用品回収やリサイクルは異なる業種であることから、当然利益を上げる方法が異なりますし、不用品の処分に際しての適性にも相違がありますので、両者の相違を押さえて使い分けていきましょう。

TOPへ戻る